より優れたライディングを求めて

アレックスは、#BetterRide に向かって世界を旅しています。二輪車でイタリア、インド、そして世界を股にかける彼の旅行をのぞいてみませんか。いつも二輪車とともに: #BetterRide の追求を支えるボッシュの技術。

Alex Chacón

医学生から二輪車で200,000kmを走破する冒険家として

Alex Chacón

二輪車で世界を股にかける冒険家で人気ユーチューバー: 27歳のアレックス・シャコンは、多方面で優れた才能を持っていますが、二輪車に対する彼の情熱は、あらゆるものを凌駕しています。3年前、アレックスは、二輪車で世界を旅するために持ち物をすべて売り、5つの大陸および75の国境を越え、41か国以上にわたる200,000kmを二輪車で走破してきました。医学生だったアレックスは、当時からずっと、二輪車でのライディングに対する深い情熱に心を奪われています。二輪車で200,000kmを旅するなら、技術への信頼は欠かせないものです。二輪車向けのテクノロジーは日々少しずつ進歩しているため、この意味でもインパクトのある違いを実感できることでしょう。ボッシュの技術は、アレックスのライディングを支えています。

Nicola Andreetto

二輪車の作家の素晴らしい世界

Nicola Andreetto(ニコラ・アンドレット)

2つの文化、2台のモーターサイクル、2人の友人。アメリカ人の Alex Chacón (アレックス・シャコン) と、イタリア人の Nicola Andreetto (二コラ・アンドレート)。情熱的なバイカーでありブロガーでもある2人が、ミラノから オルタ湖 への、忘れ難いオートバイの冒険に出発します。常に携帯するもの:ボッシュの技術と、自分だけの #BetterRide (より良いツーリング) を見つける努力。

#BetterRide (より良いツーリング) を見つけるには、主に2つのものが必要です。それは、正しいモーターサイクルと走りやすい道路。イタリアはこの2つを兼ね備えています。バイクには、ボッシュのモーターサイクル用スタビリティコントロール (MSC)、エンジン制御 システム (EMS)、そしてアンチロック ブレーキ システム (ABS) が搭載されています。これは、アレックスと 二コラ が安全に目的地に到達するための助けとなります。なにはともあれ、出発しましょう! まずミラノでは、都会の道路状況でツーリングをこなさなければいけません。オルタ湖 に向かう絵のように美しい道路を走るのは、その後です。

ボッシュのエンジン制御 システム (EMS) のおかげで、アレックスもミラノの狭い路地や渋滞を効率的に走行できます。キャブレター式エンジンと比較して、 EMS を搭載した二輪車のエンジンは、より速く、そしてよりダイナミックです。また、ピーク時の性能も優れています。同時に、通常の市内走行のケースでは、燃料消費も16%低減されています。

ブレーキングの安全性と反応時間の短さは、信号の多いミラノでは重要な役割を果たします。 アンチロック ブレーキ システム (ABS) があれば、どんな道路や天候の条件も問題にはなりません。強いブレーキ操作や、滑りやすい路面状況などが原因で、車輪がロックする兆候を示すと、アンチロック ブレーキ システム(ABS)がブレーキ圧を制御し、最適なブレーキングを可能にします。

ミラノ市内観光の翌日。まだ朝焼けの残る時間に、オートバイに乗った2人の冒険家はオルタ湖に続く、カーブが多く牧歌的な道路でのツーリングを楽しみます。

オルタ湖と マッジョーレ湖 ―走る喜びとスリルが最高潮に達するこのツアーは、イタリアの二輪車ファンに最も愛されているコースのうちのひとつです。その主な理由は、カーブの多さにあります。モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)により、2人はどんなカーブも安全にこなして行きます。このシステムは、車輪の回転速度、傾斜角、ピッチ角、加速度、ブレーキ圧やその他の様々な二輪車特有の重要なデータを計測します。これらのデータから、危険な状況を早期に検知し、サポートを提供することが可能になります。

(オルタ・サン・ジュリア は小さな集落です。ここで2人はモーターサイクルを停め、昼休憩を取りながら、ツーリングに情熱をかける2人のモーターサイクルファンとして、それぞれの美しい思い出を語り合います。

日没の頃、2人はまた二輪車に乗ってミラノへの帰路につきます。交差点、橋の上や開けた道路での突然の停止操作においても、アンチロック ブレーキ システム (ABS) は確実に作動します。ABSが作動すると、ブレーキレバーとブレーキペダルに脈動を感じ、作動音がします。

求めていたものが見つかりました:ミラノからオルタ湖への道程は、狭い路地や急カーブ、そしてそれに続く開けた道路など、さまざまなツーリングを楽しめる #BetterRide (より良いツーリング) の夢を実現しています。 ボッシュの技術はこうした楽しみを狭めるのではなく、サポートするためにあります。

アレックスと 二コラは同意見です:ひとつが終わると、すぐにもうひとつが始まるということに。忘れ難いモーターサイクル体験を振り返ると同時に、もう次のチャレンジがアレックスを待っています。次はインドの道路に挑戦します

彼は、自分を『二輪車マニア』と呼んでいます。通りの光景、雑踏の音、そうしたものが作り出す、次に出会う忘れがたい瞬間に魅了され、二輪車でなければ味わえない、#BetterRide を追い求めずにはいられないからです。35歳のニコラ・アンドレットは、実は学校でデザインを学んだデザイナーです。彼はかつてジャーナリストとして働いていましたが、現在はソーシャルメディアマネージャーとして暮らしています。しかし、彼の情熱は二輪車に注がれています。7歳という早い時期に、ニコラは二輪車の世界に触れました。今では、毎年、20,000kmを超える距離を二輪車で走り、彼の言葉を借りれば、道からの物語を集めています。ニコラはこれまで、イタリア、ヨーロッパ、インドおよびベトナムを旅してきました。ニコラが常にすばらしい目的地にたどり着き、そして最良の物語と出会うことができるように、ボッシュも重要な役割を果たしています。

Sundeep Gajjar

会員数6万人の二輪車クラブ

Sundeep Gajjar

米国出身のAlex Chacón (アレックス・シャコン) は、次の冒険の目的地をもう心に決めています。彼が目指すのは、魅力的で神秘的なインドです。ニューデリーの道路から、田舎情緒あふれる Mashru (マシュル) 地方へ。このルートで、情熱的なライダーでありブロガーでもあるアレックスが #BetterRide を発見していきます。ここでは、ボッシュの二輪車向け技術がアレックスをサポートします。

#BetterRide を探し求めるアレックスに同伴するのは、彼と同じくライダーでありブロガーでもあるSundeep Gaijar (サンディ―プ・ガーイジャール) です。サンディ―プは、ボッシュの技術に裏打ちされた彼の世界をアレックスに紹介していきます。というのも、アレックスとサンディ―プの二輪車には、ボッシュのアンチロック ブレーキ システム (ABS)、そして、エンジン制御システム (EMS) が搭載されており、これらは運転が難しいインドの道路を走るには必要なサポート機能です。それでは、ツーリングに出発しましょう。まずは大都市ニューデリーでのチャレンジを乗り越え、その後はスリリングな山道を走りながら北へと向かいます。

ニューデリーの道路は活気にあふれています。このような場所での二輪車の操作は、アレックスやサンディ―プのような経験豊富なライダーにとっても実に難しいものです。しかし、EMSのおかげでこれらも問題にはなりません。EMSは、キャブレター式エンジンと比べて、より自然な動力伝達を可能にすると同時に、燃料消費量も低減します。活気にあふれるニューデリーの道路に、まさに適した機能です。

人口1,100万人の大都市ニューデリーの日常生活にさらに入ると、この都市の道路の活気がアレックスとサンディ―プにも肌で感じられます。狭い路地や裏道では、確実なブレーキ操作や素早いリアクションをとることが必要となります。ボッシュのアンチロック ブレーキ システム (ABS) は、これらのことを可能にします。強いブレーキ操作や、滑りやすい路面などが原因で車輪がロック傾向を示すと、ABSがブレーキ圧をコントロールし、理想的なブレーキングを可能にします。これはまさに、二輪車での冒険に必要となる機能です。

市内観光を終えたアレックスとサンディ―プは、インドの田舎を目指します。北上し、Shimla (シムラー) 空港に近い山間部やMashru (マシュル) 地方に向かいます。

サンディ―プもアレックスも、山間部でのツーリングを愛しています。朝焼けの中でのコーナリング。二輪車で冒険を楽しむ者にとって、これ以上に美しい光景があるでしょうか?

Shimla (シムラー)で、アレックスとサンディ―プは一旦車両をとめ、小休止を入れます。大喜びの子ども達が、拍手と歓声で冒険者たちを迎えます。2人は地元の人々に、自分達の体験や感想を話して聞かせます。

朝焼けの中、再び南へ。2人は二輪車に乗り込み、チャンディーガルに近い村へと走ります。このルートはかなりの難所といえるでしょう。舗装路を外れたこのルートで、アレックスとサンディ―プは真のオフロード感覚を味わいます。しかし、泥や水たまり、そして石だらけの道路が車両を損傷することはありません。

小さな村Mashru (マシュル) で、二輪車に乗った2人の冒険者はもう一度車両を停め、小休止をいれます。もちろんここでも、目を輝かせた子供達が彼らを迎えます。2人は村を観光し、2人が共有するツーリングへの情熱や美しい思い出を語り合います。

朝の太陽の光が初めて差し込むその時間に合わせて、2人は再びニューデリーを目指して出発します。ニューデリーまでの距離は350 km以上ですが、ガソリンスタンドに寄る必要はありません。それは、ボッシュのエンジン制御システム (EMS)が、ニューデリーの狭い道路においてスムーズな加速をサポートするだけでなく、長距離走行においても効率的な燃焼を可能にするからです。

ライダーであり冒険者であり、そしてブロガーでもあるサンディ―プ・ガーイジャールと共に、アレックスは夢のインドで #BetterRide の旅を体験できました。ニューデリーと北部の山岳地帯の往復ルートでは、狭い路地や急カーブ、そして広々とした道路など、二輪車で走る喜びを存分に味わえます。

一生に一度で良いから、Sundeep Gaijar (サンディ―プ・ガーイジャール) のように生きてみたい。多くのライダーはそう思うことでしょう。34歳になるサンディ―プは、誰もがうらやむような充実したライダー人生を送っています。彼が初めて二輪車を手にしたのは21歳のとき。インドでは一般的な、Bajaj Pulsar 180でした。今から13年前のその頃、彼はウェブデザイナーとしてのキャリアをスタートさせていました。ウェブサイトxBhp.comを立ち上げた彼は、自分で撮ったスーパーバイクの写真を載せていきました。今日では、xBhp.comは、インド最大のオンライン・二輪車クラブです。会員数はどんどん増え続け、既に6万人以上となっています。 二輪車に乗って、サンディ―プは世界を探検します。今まで旅した国は、10か国にのぼります。写真に傾けるサンディ―プの情熱は、今や彼のツーリングにはなくてはならないものです。彼の写真は新しい冒険を #BetterRide に導き、ツーリングの素晴らしさや感動の体験を直に伝えています。

 

 

 

モーターサイクル用ABS

#BetterRide を追求した効率的なブレーキング

ロックせずにブレーキング

交通事故調査によると、ドイツにおけるすべての二輪車事故の26%が、ABSによって防止できる可能性があると示されています。強いブレーキ操作や、滑りやすい路面などが原因でホイールがロック傾向を示すと、アンチロック ブレーキング システム(ABS)がブレーキ圧を制御します。これにより、転倒のリスクを大きく低減させることができます。

ボッシュによる二輪車向け安全テクノロジーについての動画をご覧ください:モーターサイクル用ABS

二輪車向け安全技術の進化

二輪車向け安全技術の進化 #BetterRide
http://bit.ly/1NHa3UK

モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)

安全性の向上

安全性の向上

コーナリング走行は危険性が高く、多くの二輪車事故はコーナリング走行時に発生しています。モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)は、こうした場面でも二輪車の安全性を向上します。MSCは、走る喜びはそのままに、ライダーのブレーキングと加速をサポートします

ボッシュによる二輪車向け安全テクノロジーについての動画をご覧ください:モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC)

二輪車で世界を駆ける:目を奪うような、驚くような、そして難度の高いライディングルートから刺激を受けて走りぬける世界。

世界をめぐる華麗なバイクロード #BetterRide のコレクションでインスピレーションを
http://bit.ly/1MUkHTf

まるで無限に続くかのようなアメリカのハイウェイを二輪車で駆け抜け、可能な限り広がる自由を体感してみましょう。ドイツでは、牧歌的なアルプスの風景とともにツーリングが楽しめます。ドイツは、世界の二輪車の心臓ともいえる製造拠点で、二輪車への情熱と愛にあふれています。また、イタリアを走り、その世界に触れてみませんか。イタリアでは、スクーターは生活に欠かせない乗り物として愛されています。インドは二輪車の分野で世界第2位の大規模市場です。タイは二輪車タクシーが発明された国です。そして日本は、世界的に知られる二輪車ブランドのホームカントリーであり、またツーリングを楽しめるスポットとしても人気です。インドネシアではスクーターのサドルを交換しましょう: この国は、世界で4番目に人口が多く、スクーターが最も重要な交通機関となっています。

エンジン制御システム

私たちは、情熱に火をともし、暮らしをより上質にする製品づくりを目標としています。ボッシュの二輪車向けテクノロジーの世界をこれから一緒に探検してみませんか。

より速く、そしてよりダイナミックに

すべての二輪車モデルで利用できる完全に統合されたシステムソリューションが、ボッシュのエンジン制御システム(EMS)なら簡単に実現できます。EMSを搭載した二輪車エンジンは、キャブレター式エンジンと比べてより速く、そしてよりダイナミックになり、ピーク性能も向上します。これらは、数々の利点のうちの2つにすぎません。

ボッシュによる二輪車のエンジン制御システムについての動画をご覧ください:

#FirstRide

#FirstRide(初めての二輪車)は誰にとっても忘れがたいものです。カード作成システムで、あなたのスタイルでのライディング体験を全世界に伝えてみませんか。手順は下の通りです。

あなただけの体験のカードを作成

We are
Bosch

#FirstRide は忘れがたいものです。また、ボッシュの従業員にとってもそれは忘れられません。ここでは、彼ら自身が、#FirstRideの思い出と、今日 #BetterRide が、彼らにとって意味するものを伝えてくれます。

Eric Greenham (エリック・グリーナム)

二輪車およびパワースポーツプロジェクトのエンジン制御システムのキャリブレーション担当

初めてのライディングの思い出:
二輪車に乗るという初めての体験に夢中になりました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
電子スロットル制御を備えた電子式エンジン制御およびモーターサイクル用スタビリティコントロール

Jim Page (ジム・ページ)

ポラリスの営業マネージャーです。

初めてのライディングの思い出:
 排気管で脚をやけどしました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
最重要なのはヘルメット、そして同じくらいに大切な二番目は排気管上の熱シールドです。

Prashanth S N (Pachi)

二輪車およびパワースポーツの全セグメントの製品を、お客様にとってお求めやすい価格で開発することです。

初めてのライディングの思い出:
あらゆる感覚と制御を駆使して、旋回時のバランスを保とうとしてました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
パワー ウェイト レシオ(パワー対重量比)を高めながら、走行におけるダイナミクスと車両の制御性をさらに向上すること

Stefano Chianese (ステファノ・キアネーゼ)

イタリアの顧客を管理するモーターサイクルABSの顧客開拓マネージャー。

初めてのライディングの思い出:
二輪車のシート上でしか体験できない自由および速度の感覚。 

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
電子制御を備えた安全システムが、以前よりはるかに安全で、信頼できる二輪車を実現したことです。

小野俊作

二輪車の安全性を向上させるための製品とシステムおよび機能開発

初めてのライディングの思い出:
速さ。こんな高速を体感したことはありませんでした!

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
市場やエンドユーザーの必要とするものの理解。

Dorothee Weiß (ドロテー・ヴァイス)

二輪車向けEMSについての外部とのコミュニケーション

初めてのライディングの思い出:
15度の傾斜がまったく急な坂道ではないことに驚きました。 

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
 ネットワーク化機能を使用することで、ツーリングがさらに楽しくなったことです! 

Harald Lang (ハラルド・ラング)

125 cm³以下の小型二輪車向け燃料タンクの開発。

初めて二輪車で走ったときの印象はどうでしたか?
坂道でアスファルトの地面が身近に迫ることが印象的でした。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
KTM 1190 Adventure R (上をご覧ください)に採用されている、ボッシュが開発したモーターサイクル用スタビリティコントロール MSC (ABS技術搭載)です。

Christian Gröger (クリスティアン・グレーガー)

二輪車の安全性を向上させる製品の技術的カスタマーサービス

初めてのライディングの思い出:
この道はいったいどこへ続くのだろうかと思いました。青春真っ只中の16歳のときです。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
どんどん新しい技術が開発されていくことに驚きを感じます。今日のトップモデルの二輪車でも、20年後には乗り心地がまったく異なっていると思います。今日で言えば、1990年の二輪車のように。この年代のモデルは、私が二輪車に乗り始めた頃のもので、当時としてみれば非常に乗り心地が良かったのです!決定的な開発や発明なんてものはないのです。技術開発とは、各部の改善を総合して成り立つもので、終わりなどないのです!

Henning Heikes (ヘニング・ハイケス)

電動インジェクションシステムによるクリーンな二輪車の実現

初めてのライディングの思い出
90キロもある教習所の教官が、後ろに乗っていました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
アンチロック ブレーキ システム

Achim Haller (アヒム・ハラー)

イタリアの二輪車メーカーを担当するABSプロジェクトマネージャー、モーターサイクルフェスティバルを顧客と企画するオーガナイザー。

初めてのライディングの思い出:
仲間と一緒にツーリングに行けることに大変感動しました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
あらゆる技術が開発される中、常に二輪車で走る喜びが大切にされていることです。

Volkmar Denner (フォルクマー・デンナー)

最初の二輪車でのライディングの思い出:
最初のツーリングは、125ccmのレンタルバイクでした。そのバイクで、美しい山の景色を走り抜けたんです。とても楽しく、すっかり夢中になりました。

これまでの二輪車向けテクノロジー開発のなかで最も重要だと思うものは何ですか:
私にとって最も重要なバイク技術の進歩といえば、ボッシュのモーターサイクル用スタビリティコントロール (MSC)。そしてその前身であるアンチロック・ブレーキング・システム (ABS) です。「Invented for Life」 - まさに人生、そして命のための発明といえるでしょう!

#BetterRide

ライダーと彼らの二輪車に対する情熱 - 彼らの言葉で、彼らの写真で。ここでは、ユーザーの皆様の大切な思い出の数々を見ることができます。あなたの思い出も、ぜひそこに加えてみませんか。あなたの初めての二輪車との思い出を、 #FirstRide のカードを作成して共有するか、あるいはハッシュタグ、#BetterRideをつけて投稿していただければ、このサイトでもご紹介させていただきます。さらに、アレックス・シャコン、ボッシュの従業員であるライダーたち、そして世界中のユーザーの皆様による #BetterRide の体験もぜひフォローしてみてください。

本サイトの利用に関する注意事項

ロバート・ボッシュのインターネットページの制作と管理
名称と所在地
Robert Bosch GmbH
Robert-Bosch-Platz 1
70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany

取締役会役員
Dr. Volkmar Denner, Dr. Stefan Asenkerschbaumer, Dr. Rolf Bulander, Dr. Stefan Hartung, Dr. Markus Heyn, Dr. Dirk Hoheisel, Christoph Kübel, Uwe Raschke, Dr. Werner Struth, Peter Tyroller

ボッシュheのお問い合わせ先
kontakt@bosch.de
+49 711 400 40990

本社
+49 711 811-0

登録関連情報
裁判所登録Amtsgericht Stuttgart HRB 14000

VAT識別番号
DE811128135